海外の引越しは大きなものは持っていかない選択がベスト!

2021/01/20

海外への引越しが決まったら、今ある国内のご自宅はどうするのか、荷物はどうするのかなどやるべきことがたくさんあります。

その中でも、日本から運び出す荷物の量は、引越し料金にも大きく関わってくる問題です。理想は、家具などの大型荷物は現地で新たに調達したり、備え付けのものを使用するなどの工夫をすることで、引越し代金を抑えることは可能です。

 

 

家電についても日本の電圧は100Vですが、海外は電圧が異なるので変圧器を使用する必要があるなど、荷物を運んでも使用できない場合もありますし、通関で止められる可能性も考えられます。

このようなことからも、引越し後新たに現地で必要なものを調達した方が、日本から輸送するよりも手続きも少なくなり引越しが簡単になります。海外の引越しは大きなものは持っていかない選択がおすすめです。

 

 

足立区のエース物流サービス株式会社では、海外引越サービスを専門としております。

アメリカや中国、香港、韓国、イギリス、ドイツ、ブラジルなど世界各国でネットワークを構築しておりますので、海外引越しのことならお気軽にお問い合わせください。

また粗大ゴミや家電製品など日本に置いていく荷物の不用品処分や保管についても対応可能ですので、国内の引越しや物の移動もOKです。

お問い合わせはこちらから